クラブの面接時に聞かれる質問内容

クラブの面接時に聞かれる質問内容 クラブで働くには、お店の店長もしくはスタッフによる面接を受け、合格しなければなりません。
合格ラインは店によって千差万別で、対象年齢さえ満たしていればよい店もあれば、外見や経験なども厳しくチェックされる店もあります。
面接時に聞かれる内容は、経験の有無や飲酒量、またどの程度の収入が欲しいかなどです。
ここで言う経験は、必ずしもクラブでの経験とは限りません。
クラブで働いたことがなくても、それに準ずる店で働いたことがあればそれだけでプラスになりますし、水商売経験はなくても接客経験があればOKの場合もあります。
飲酒量に関しては、お酒に強い方が仕事には生かせますが、たとえ下戸だったとしても、それが理由で不合格になることはあまりありません。
水商売の場合、それよりも重要なのはやはり容姿とコミュニケーション能力の高さです。
またどれだけの収入を求めているかということは、イコールやる気に繋がるため、少ないよりは多い方が印象はいいかもしれません。
ただし、それだけ多くの出勤数を求められることにもなりますから、自分の許容範囲を超えない程度にしておくのがベストでしょう。

クラブの面接時にチェックされている部分

クラブの面接時にチェックされている部分 クラブはお客様に快適な時間を提供する接客サービス業ですから、面接時にチェックされるのは身だしなみ、言葉遣い、一般常識の3点です。
1.身だしなみ
服装もメイクも、清潔感のあるキレイ目がベター。
バサバサの毛先、着古してくたびれたワンピース、かかとがすり減ったハイヒールなどは減点されます。
お肌の状態も意外と見られているので、日ごろから丁寧にスキンケアをしておきましょう。
2.言葉遣い
接客業である以上、正しい言葉遣いは大切です。
クラブの雰囲気や客層によっては必ずしもフォーマルな言葉遣いである必要性はありませんが、尊敬語と謙譲語を使い分けるなど最低限の敬語はマスターしておきましょう。
3.一般常識
上記2点以外の、社会人として必要なマナーも見られます。
応募時の電話応対から始まり、応募書類の書き方、物の扱い方、ドアの開閉やイスの座り方立ち方など、常識的でエレガントにできれば好感度がアップします。
姿勢もキチンと伸ばせば、美しく上品に見えます。
こうして見ると、クラブも一般企業と同じような視点で面接を行うことがわかります。
面接時には以上の点を踏まえた上で、自分らしさも出すようにコーディネートしましょう。