クラブの女の子の給料システム

クラブの女の子の給料システム クラブの女の子の給料システムは、他の接客業などのシステムとはやや異なります。
たとえば飲食店なども接客業ですが、飲食店の場合、一般的には時給×就業時間で計算する時給制のシステムが多く取り入れられています。
一方、クラブの給料システムは、それよりも若干複雑なものが多々見られます。
クラブでは時給制を取り入れつつ出来高制と合わせて計算される場合が多く、たとえば時給×就業時間に、獲得した指名料・同伴料などが上乗せされるシステムがそれです。
あるいは、出来高によって時給そのものがスライドしていくお店も少なくありません。
この場合、月によって時給が変動することになります。
また時給制自体を取り入れておらず、完全出来高制のお店も多く見られます。
完全出来高制のお店では、個人売上に応じてキャッシュバックが給料として支払われます。
同じお店でも、売上制で働く女の子とヘルプ専門で働く女の子で給料システムを分けているお店もあります。

クラブとニュークラブの違いとは?

クラブとニュークラブの違いとは? クラブとは、ホステスと呼ばれている女性がお店で接待をしてくれる飲食店のことです。
東京では、銀座・六本木・赤坂などのクラブが良く知られています。
一般的に、料金が高めなのが特徴です。
会員本人と一緒や会員の紹介がないと利用できない高級な会員制のところなどもあります。
出される商品も高額なものが多く、接待するホステスのレベルもお店の風格にあった高級感が漂っています。
それに比べニュークラブは同じように女性が接待をする飲食店ですが、クラブと違い時間制でリーズナブルなのが特徴です。
イメージとしてはキャバクラと同じようなものです。
ただし、キャバクラよりも過剰な接待がなくオーソドックスな飲食店が多いです。
特に札幌などでは、キャバクラとニュークラブをはっきりと分けています。
ニュークラブの特徴は、その料金の明確さです。
延長や指名料金、同伴料金、ボトル代、サービス料など明確に設定されているので、利用するほうにとっても安心できます。